浮気調査をするなら探偵事務所に無料相談

たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者が慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくることは浮気の場合、当然ありえることです。

慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、向こうが離婚したかどうかで当然ながら差があります。

仮に離婚せずに慰謝料として高額な金銭を要求されたら、直ちに弁護士さんに相談してみるべきです。

探偵社に任される仕事というと、その大半は浮気の追跡調査です。

それをベースに探偵の調査手法を解説します。

一番多い手法としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、追跡します。

いわゆる「尾行」です。

依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、ここぞという日時に限定して追跡し、相手の浮気の証拠を抑えるのです。

旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。

気をつけるべきなのは、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。

相手に望むことがあっても、我の強い妻と思われないよう、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。

また、家計のことで責めることもしません。

男の人のプライドを大事にして、服装や美容にも気配りを忘れずに、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、いつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)と考えています。

テレビでは個人の私立探偵がよく登場しますが、探偵を頼むときは、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのがやはり一般的ですね。

質実ともに良い会社に調査をしてもらうには、何社かを比較してみることがコツです。

調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は知識をつけておきましょう。

不当な高値請求の業者を避けるための自衛策でもあります。

不倫関係を精算したきっかけでやはり一番多い答えは、浮気が発覚したからだそうです。

そうはいっても素人にとって、不倫の動かぬ証拠を掴むことは難しいし、却って警戒されるかもしれません。

そういったことを専門にする探偵会社に相談し、調査してもらうほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。

そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、やはり自分以外にその役目を果たすものはありません。

世間的には離婚した際、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子供の親権がとりにくいと思われているようです。

一般論ではそうかもしれませんが、実際はちょっと違います。

基本的に親権というのは、同居の有無や育児への関与などを重くみる傾向があります。

調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかが優先されると考えて良いでしょう。

パートナーに浮気され裏切られた人の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。

専門家に話を聞いてもらいながら、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。

浮気によって相手と別れても他人を信用できなくなったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいるような人も少なくないです。

それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。

探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、破格値で調査してくれるところとか、一律価格を謳う会社が増えてきました。

ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合も多いので、契約する前に、疑問点について説明してもらい、時間とお金を無駄にすることがないよう注意しましょう。

クラス会やOB会では不倫に走るきっかけになる可能性が高いです。

憧れの人と話がはずんでしまったり、元クラスメイトということで当初は男女を意識せず、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。

もし里帰りや同窓会、OB会などのあとにパートナーの挙動に不審を感じたら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。

知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても抵抗感があるという人は少なくありません。

個人情報を伝えるのが怖いというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる業者も少なくないですし、とりあえずそこで相談し、良さそうな事業者であれば、本名で詳細を相談するようにするといいでしょう。

既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したというのが実は結構多いのです。

裏切っていることに対してあらためて良心の呵責を覚えるようになったり、将来が見えない浮気という繋がりに嫌気がさしてきたりするようです。

それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、以前からの罪悪感もあって、別れることに積極的になるでしょう。

自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、地域性を尊重するのは良いことです。

たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵に依頼するようにしましょう。

地元に精通していれば、それだけ詳細な調査ができますし、報告の精度が増します。

調査内容いかんでは得意、不得意の差が出ることですから、先にウェブで情報収集しておき、電話で問い合わせてみるのをおすすめします。

近年は技術改良が進んで、GPSの衛星測位システムを使って浮気をかなりの精度で見つけることが可能になってきました。

調べたい相手にGPS搭載のスマホを使わせることさえできれば、相手の現在位置が分かってしまうのはすごいですね。

別に違法というわけではないですし、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、GPSが役立つかもしれません。

興信所と探偵。

実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も違いがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。

相手方の不倫を理由に離婚するなら、確実に浮気した(している)証明というのが是非とも欲しいところです。

しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、その道の専門家に頼んだほうがスムーズに離婚できると思います。

離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって役立ってくれることでしょう。

私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。

簡単です。

遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。

嘘を言うときには人は必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。

ちょっと質問しただけなのに、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。

やましいと感じていると、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。

落ち着かず目を泳がせるので、見ていて簡単にわかるものです。

引用:浮気調査におすすめ!安い探偵事務所ならココ【無料相談OK】