クレジット契約の形態について

クレジット契約は、個別クレジットと包括クレジットという2形態があります。
利用者は、どちらのクレジット種類なのかを知った上で使っているでしょうか。
クレジットカード会社に申し込みをして、まずカードを作るのが包括クレジットです。
クレジットカードの発行申し込みをした場合、信販会社は勤続年数や信用状況、持ち家の有無を確認します。
審査に通貨できれば、以後はクレジットカードを使ってクレジット契約が可能です。
クレジットカードには利用限度額が決められており、その金額以下のクレジットを組み、返済条件に従ってお金を返します。
包括クレジットは、クレジット契約をする機会が多い人や、大きな買い物を定期的にする人にとっては嬉しい存在です。
3万円や5万円の買い物を頻繁にする人にとっては、とても使いやすいものです。
普段はクレジットカードは持っておらず、高額決済が発生した時にその決済に対してだけ審査をするのが個別クレジットです。
販売店によって提携する信販会社は違いますし、商品が変わればまた違う契約を結ぶことになります。
一つ一つに対して審査をすることになるので、包括クレジットより時間や手間がかかります。
しかし、うっかり使いすぎてしまうという危険性はありません。
車、バイク、宝石など一つ一つが高価な商品である時に、個別クレジット契約が用いられます。