カードローンの審査に通らなかった場合はどうしたらいい?

貸金業法が改正されたことで1社で50万以上、又は複数社で100万以上の貸付をする場合は年収を証明する必要がありますが、逆説的にとらえればそれより小さければ年収がいくらであるか証明しなくてもよいということもありえます。
ですが、それ未満でも年収証明できるほうが好ましいでしょう。
消費者金融の審査の仕組みは、使ったことがないため分かっていないのですが、仮に審査に落ちたらその後の生活についてはどのようになるのでしょうか?消費者金融で借金をする人は、生活にものすごく困っているために借りたいのでしょうから、きっと大変ですよね。
キャッシングとカードローンは、違いがないものだと考えてしまうかもしれませんが、真実は異なります。
返済の際に違いがあり、キャッシングはほとんどの場合が一括払いで、一般的に分割払いなのが、カードローンであります。
つまり、ちょっとだけお金を工面しなければならないという場合には、キャッシングの方がよい選択かもしれません。
期日までにお金が必要になって、アテもないのにどうしようと思っていたところ、複数の会社に一括で審査してもらえるサイトを発見しました。
いままでカードローンには漠然としたイメージしかなかったので、ローン会社の審査に通らなかったら、急いでほかの会社を見つけて、一からやり直しで時間も手間もかかるのだと思っていました。
利用者にとっても時短や手間解消のメリットはありますが、金融各社も競合他社と比べられるので、やや審査基準を甘くしているたり特典を設けているのではと思っています。

カードローン審査通りやすいのは?【銀行・消費者金融の窓口】