青汁で血液サラサラになる?

青汁で血液サラサラになれるとしたら、すぐに飲みたい!ドロドロの血液は、生活習慣病の原因と言われ、年を取っても病気知らずで健康に過ごすには、サラサラの血液が不可欠と言われています。
まず、どんな血液がサラサラの状態だと言えるか、どうしてサラサラの血液が大切なのかを知っておきましょう。
それでも、青汁で血液サラサラ!イメージとしてのドロドロ血液が意味するのは、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を多い血液。
このような悪玉コレステロール値が高い血液は、血管がもろくなります。
この状態が動脈硬化です。
脂肪分が多い血液が原因で起こる症状なので、ドロドロ血液というイメージが定着したのでしょう。
青汁がなぜ動脈硬化の予防に有効かというと、青汁にはピラジンという成分が含まれているからです。
さらに、青汁には葉緑素がたっぷり含まれています。
葉緑素も血栓予防に有効な成分です。
このアリルイソチオシアネートにも血栓を予防する作用があります。
動脈硬化が進行しないということは、血液が流れやすくサラサラの状態、つまり体の隅々の毛細血管まで血液がスムーズに流れます。
サラサラ血液を目指して、あなたも青汁を飲む習慣を始めませんか。
青汁の効果口コミは嘘?私の本音体験談【比較結果ランキング】