看護師は給料が安い?

看護師は給料が安いし、夜の勤務があるため、生活していくのが大変なイメージがあります。
でも、看護師は良いところもたくさんあるんですよ。
例を挙げると、入院患者さんに感謝してもらえることがあります。
その上、昨今では、自立した女性という印象のため、婚活でも注目の的になっています。
看護師には、男であってもなれるかを調べました。
看護師は圧倒的に女性の方が多いのですが、男の看護師も活躍しているのです。
患者が男性の場合、世話を女性の看護師にやってもらうのが恥ずかしいと思うケースもあります。
そういう場合に、男性看護師がいれば喜んでもらえます。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても変わってきます。
体制は一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれていることが多いです。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。
しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
看護師の年収は高額だと思われている方もいるのではないでしょうか。
けれども、夜勤がなければ、収入を増やすことができませんから、トータルの年収もそれほどでも無いことがあります。
それにより、独身の時はシフトに夜勤がある病院に勤務して稼いで、成婚後は夜勤のないクリニックに再就職する人も多いです。
場合によって、看護師でも非正規雇用でアルバイト、パートタイマーで働くこともあるでしょう。
その時、重要性が高いのが1時間あたりの給与です。
一般に、パートやアルバイトの看護師は正規雇用と比べて給料が安いことがよくありますので、やはり、時給が高くないとやりがいは減りますよね。
なるだけ、時給が高いことに越したことはないです。